CA REWARD

JOIN US!採用情報はコチラ

ニュースリリース

ニュース・お知らせ

一覧に戻る

国内初、スマートフォンゲームユーザーのアプリ利用活性化に特化した成果報酬型広告 「Active Reward」の提供を開始

2016.02.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、国内最大規模のリワードネットワーク「CAリワード」(提供:株式会社CAリワード)において、スマートフォンゲームユーザーのアプリ利用活性化に特化した成果報酬型広告「Active Reward(アクティブ リワード)」の提供を開始いたしました。

高成長を続ける世界のスマートフォンアプリ市場において、2015年のゲームアプリDL数は全アプリストア(※1)の総DL数の41%を占める454億件となり、インドや東南アジアといった新興市場でスマートフォンの普及が進んでいることから、2020年にはゲームアプリのDL数は1,022億件に達すると予測されております(※2)このように年々多くのゲームアプリがリリースされ、競争が激化するなかで、長期的にアプリを利用してもらうための活性化施策への需要が高まっています。

これまでのスマートフォンアプリ向け成果報酬型広告は、新規ユーザーに対しアプリダウンロードを促す広告施策が中心となっておりましたが、このたび提供を開始した「Active Reward」は、スマートフォンゲームアプリダウンロード後のユーザーに対し、アプリ利用活性化を促す成果報酬型広告です。例えば、アプリの利用頻度が低いユーザーに向けて、ある一定基準に到達したらメディア内で使える仮想通過を配布するといった成果報酬型広告を配信することができます。既にアプリダウンロードしたユーザーにゲーム進行を促し、アプリ利用の活性化に貢献いたします。

20160226_1_1.png

CAリワードでは、これまでの配信実績をもとに、大手スマートフォンメディアへの成果報酬型広告の配信、リワードネットワークの運営を行なうとともに、今後も運営ネットワークにおける取扱いメディアの更なる拡大を図ってまいります。

※1 iOS App Store、Google Play、サードパーティの全Androidアプリストア(Amazonのアプリストアや中国のアプリストア)、Windows Phone Store、Samsung Galaxy Appsなど、スマートフォンとタブレットのアプリストアを指しています。

※2 出典:App Annie社 「モバイルアプリ市場予測:市場規模1000億ドルへの道筋」 (2016年2月10日)

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では7つの子会社を包括し、計215名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、DMPなど20以上のサービスを提供しております。

株式会社CAリワード ニュースリリース担当
ニュースリリースに関するお問い合わせはこちら